• HOME
  • 初節句
  • 雛人形

雛人形

雛人形の飾り方

雛人形を飾る場所ですが、特に省スペースのものであればサイドボードの上や箪笥の上、ピアノの上など、どこに飾っても大丈夫です。その時にちょっとした工夫をすると一段と美しく飾れます。 せっかくお雛様を飾るのですから、家族の目の届かない部屋に飾るのではなく、リビングなど家族の目の届く場所に飾って、桃の節句をお祝いしてください。

【例】 ピアノの上に雛人形を飾る例えばピアノの上などの場合、親王飾りの下に赤い毛氈(もうせん)等を敷いて飾る事によって、毛氈の赤とピアノの黒のコントラストにより、おひな様が一層映えて、きれいに飾れます。 こうしたちょっとした工夫で、お雛さまは引き立ち ますし、ピアノの上でも違和感無く飾ることが 出来ます。

【例】 リビングに飾る場合リビングに飾る場合でも、サイドボードの上を利用したり、折りたたみのテーブルやカラーボックスを横にするなど台になるものを用意し、その上に赤い毛氈を敷いて飾るとお雛様が引き立ちます。 おひな様の飾る台を用意して、お子様と一緒に家族みんなで飾れば、おひな祭りを一層楽しむことが出来ます。

段飾り

最上段

段飾りの最上段には、内裏びなの男雛(お殿さま)と、女雛(お姫さま)がきます。 普通は、向って左にお殿さま、右にお姫さまを飾ります。 後ろには金屏風を立て、両脇にぼんぼりと、二人の間には桃の花をさした瓶子(へいし)をのせた三方(さんぼう)飾りを置きます。

二段目

二段目には、三人官女が並びます。これには両側が立つものと、まん中が立つものとのふた通りがあります。もし、座っている官女が一人なら、それをま中央に配置し、立っている官女が一人なら、それをまん中に置きます。
手にもたせるのは、まん中の官女が「三方」、向かって右の官女が「長柄銚子(ながえのちょうし)」、左の官女には「加銚子(くわえのちょうし)」(正しくは提子(ひさげ))、間には高坏(たかつき)を置いて、桜もちや草もちなど季節の和菓子をお供えします。 左右の女官ですが、それぞれ外側の足が少し前へ出ていますので、それでどちら側かが分かります。

三段目

お殿様とお姫様だけで飾る雛人形です。付属品としては屏風、雪洞(ぼんぼり)、三宝、桜橘または紅梅白梅などです。こちらも木製のものと金屏風・緋毛氈のものがあります。
三段目は、五人囃子(ごにんばやし)の席です。 これは雅楽(ががく)の楽人のときもあります。 向かって左から「太鼓(たいこ)」、「大皮鼓(おおかわつづみ)」、「小鼓(こつづみ)」、「笛」と並び、 そして「扇」を持つ「謡い手」が右端に来るようにします。

四段目

随身(ずいじん)を飾ります。 随身は向かって右が通称左大臣でおじいさん、左が通称右大臣で若者がきます。
木目込み人形で両方とも同じ顔をしている場合は、黒っぽい衣裳のほうを右におきます。
冠は、お殿さまと同じにかぶせ、巻纓(けんえい)および耳飾りのような(おいかけ)をつけます。左手には弓をもたせて袖にはさみ、矢は羽根を下に右手にもたせます。背負い矢は、向かって右の肩から先が見えるようにします。

五段目

五段目には、仕丁(してい)(衛士(えじ))を飾ります。 沓台(くつだい)をもっている仕丁がまん中、向かって左に台笠、右に立傘をもたせます。(京風はまん中にちり取り、左右に熊手と箒をもった人形を飾ります。) 外側の手をあげていますので、左右はそれを基準に判断するといいですよ。

六段目・七段目

七段飾りのときは、六段めと七段めの飾りに、はっきりした決まりないようですが、食器やたんす、お化粧道具などは段の上に、お駕籠(かご)や御所車は下の段に置くと調和がとれます。 なお、桜、橘(たちばな)は、桜を向かって右(左近の桜)、橘を左(右近の橘)におきます。
出典:社団法人日本人形協会