受章の流れ

下記の手配及び詳細につきましてはお気軽にご相談ください。

閣議決定→事前連絡

上京の準備

ホテル・JR・衣装などのご準備

新聞発表

祝電・電話・手紙を頂いた方へのお礼状の準備・御祝いの整理・額の選定

上京前準備

拝謁土産の取りまとめ・佩用金具などの準備

ご上京・拝謁 (5月・11月)

2泊3日以上の日程をお勧めします

帰郷

県庁や各省庁から伝達

御挨拶状の発送

納額

受章記念写真撮影

御祝返し (5月下旬~6月上旬・11月下旬~12月上旬)

祝賀会 (6月~8月・12月~2月)

掲額 (9月頃・3月頃)

公式発表後のチェックリスト

  • ● 宿泊先:伝達式会場に近く、衣装、美容や写真室の設備の整ったホテルをお選び下さい。
  • ○ 衣装:貸衣装をご利用になると荷物が少なく、身軽です。
  • ○ 着付け:目安時間、約1時間。
  • ○ ヘア・メイク:目安時間、約1時間30分。
  • ○ 記念写真:地元で伝達式がお済の方は、拝謁の前に撮影しておくと着崩れもなく、お帰りも楽です。
  • ○ 手荷物:「宿泊日」「フロント気付」「宿泊者」を明記し、宅急便で前日に届けておきましょう。
  • ● 交通機関の予約:新幹線の場合、乗車1カ月前から指定予約ができます。
  • ● お茶菓子のご準備:不意の来客にそなえ、日持ちするお茶菓子などを準備しましょう。
  • ● 記録一覧のご準備:お祝いの品の種類や金額別に記録しておくと返礼の際、大変役に立ちます。
  • ● ご挨拶状の用意:投函までに、校正、印刷、宛名書きと「約10日~2週間」はかかります。
  • ○ 佩用金具のご準備:勲章・褒章を衣装に着用するためのもので、黒糸や安全ピンの代用品です。各小綬章、双光章、単光章と褒章の方に使用します。
  • ● 叙勲額・褒章額のご準備:国璽の押印、内閣総理大臣、賞勲局長の副署押印のある「勲記」「褒章の記」はいかなる理由でも決して再発行されません。

伝達式・拝謁式のチェックリスト

  • ○ 印鑑のご準備:受領の際に必要な場合がございます。
  • ○ 紙袋・風呂敷のご準備:「勲記・勲章」「褒章の記・褒章」を持ち帰るときに必要な場合があります。
  • ○ カメラのご準備:皇居内は持ち込めませんが、伝達式会場などでお使いいただけます。
  • ○ 宮中記念写真:40名ほどの集合写真になりますので、全紙版、半切版などの少し大きめのサイズを申込みましょう。

帰郷後、伝達式後のチェックリスト

  • ● 額への収納:賞状の汚れ、破損、巻き癖や折れを防ぐため、額縁に収納し、保管してください。
  • ● ご挨拶状の発送:帰郷後まず、伝達式、拝謁の報告をかね、ご挨拶状での返礼が必要となります。できれば切手は郵便局でお祝い用をご準備ください。
  • ● 記念品の選定:この度の記念品は一生の記念です。必ず現物をご覧になり、ご家族でご相談のうえお決め下さい。
  • ○ 額立のご準備:暫くは来訪者が見やすいよう、床の間やサイドボードの上に飾ると良いでしょう。

※「●」の項目はご準備されるようおすすめ致します。

叙勲・褒章記念品販売部TEL0120-31-4111

記念品カタログ

叙勲・褒章記念品のカタログを準備しております。 お気軽にお問合せください。