• HOME
  • 雛人形の選び方

雛人形の選び方

雛人形のイメージ写真 雛祭りは、女の子の成長を祝福し、
将来を幸せを祈るお祝いです。

3月3日の桃の節句に雛人形を飾り、祝膳でお祝いをします。 女の子の赤ちゃんが生まれると「病気をしないように」 「ケガをしないように」と無事な成長の願いを込めて行う儀式です。

お子様の一生のお守りとなる「雛人形」一生に一度の贈り物だからこそ実際にみて選ぶことが大切です。

雛人形の種類 その長所と短所を知ろう

雛人形 Q&A

心得ておきたい雛人形の豆知識をご紹介します。

雛人形はいつから飾ればいいですか?
桃の節句のお祝いは3月3日ですが、飾る次期は2月の立春ごろから飾っておきます。 雛人形は女の子のお守りにもなるので、早めに飾るとよいでしょう。
雛人形は誰が用意するのでしょうか?
母親の実家が用意する風習が現在も残っていますが、それにこだわる必要はなく、近親者が相談して決めると良いでしょう。
雛人形を選ぶのに気をつけることはありますか?
飾る場所の大きさはもちろんですが、収納場所が確保できるかどうかも重要です。 見落としがちなので、注意しましょう。
雛人形を収める時期を教えてください。
3月3日のひな祭りが終わって、よく晴れた日に収めましょう。湿気を含んだまま収納すると カビの原因にもなります。特別な手入れはいりませんが、変色の恐れもあるので、人形は手袋などをして素手で触らないようにしましょう。そのときに、雛人形専用の防虫剤を入れることをおすすめします。 また家や地域によっては、旧節句の4月3日まで飾るところもあります。