結納の準備なら進物の大進にお任せください

ご婚約おめでとうございます

結納は結納品を相手に贈ることで結婚の約束を公にし、確かなものとする儀式です。
縁あって出会い、多くの人々の祝福を受けて新しい人生へと出発する
そんなこれからの2人の生活を実り多く豊かにするためにはしっかりとした心構えと、
常に暖かく見守ってくれるご家族の理解と協力が必要です。

結納の飾り方と品目

飾り方の全体図
飾り方の全体図

結納飾りは、床柱に近い方から
松・竹・梅の順に並べます。
目録は毛せんの上には置かず、
手前に置きましょう。

結納9点セット

結納7点セット

結納5点セット

●…5点 ▲…7点 ■…9点

熨斗(のし)鶴飾り●▲■

あわびを延ばしたもので、「長く延ばす」ことから不老長寿の薬ともされています。海のものを尊ぶ日本では、昔からおめでたい儀式に必ず添えられます。

品目のあて字熨斗・長熨斗・納幣熨斗

寿栄廣(すえひろ)亀飾り●▲■

喜びが「末広がりになる」おめでたい白扇のこと。「夫婦ともに末永く幸せに」という願いをこめて必ずペアで贈られます。

品目のあて字寿栄廣・寿恵広・末広・末廣

御帯(結納金)(おんおび)松飾り●▲■

昔は帯を結ぶと魂も結ばれると考えていました。夫婦や家族、親族が末永く結ばれ、
魂をひとつにして助け合うように、という願いを表しています。
御帯料として、金子を包みます。広島県では100万円~150万円が多いようです。
福山方面では御帯を御小袖と呼ぶところもあります

品目のあて字御帯・御帯料・帯地料・小袖料・結納料・宝金

家内喜多留(やなぎだる)竹飾り●▲■

お酒を入れる柳の樽のことです。「家の中に喜びごとが集まり、いつまでも留まっているように」という意味です。酒代として1~3万円包みます。

品目のあて字家内喜多留・喜多留・角樽・柳樽・多留

松魚(かつお)梅飾り●▲■

鰹節のことです。「勝ち魚」と考えられ、おめでたい儀式に用いられる代表的な魚です。肴料として1~3万円包みます。

品目のあて字松魚・勝男節・勝男武士・松魚節

高砂(たかさご)▲■

老夫婦の人形です。松の精とされ、松の木陰を掃き清める姿をしています。いつまでも仲良く添いとげられるように、ということから贈られます。

品目のあて字友白髪・友白賀・共志良賀・共白髪

結美和(ゆびわ)▲■

結婚指輪のことです。花嫁の大切な婚約指輪を飾ります。

品目のあて字結美和・優美和・結美環・結実輪

寿留女(するめ)

昔からお祝いごとにはつきものの肴です。噛めば噛むほど味のあるお嫁さんになってほしい、という意味もあります。

子生婦(こんぶ)

「よろこぶ」に通じることから、お祝い事には欠かせない食品です。
文字には子宝に恵まれるように、という願いが込められています。

茂久録(もくろく)(セットの品目には含まれません)

茂久録(もくろく)

茂久録(もくろく)

結納品の内容を記載したものです。

品目のあて字茂久録・目録