結納当日の流れ

ご婚約おめでとうございます

結納は結納品を相手に贈ることで結婚の約束を公にし、確かなものとする儀式です。
縁あって出会い、多くの人々の祝福を受けて新しい人生へと出発する
そんなこれからの2人の生活を実り多く豊かにするためにはしっかりとした心構えと、
常に暖かく見守ってくれるご家族の理解と協力が必要です。

結納は、両家とも緊張する儀式です。しっかりと予行演習をすることで、当日落ち着いて進められるはず。ここではイラスト付きで、一般的な結納の進め方を紹介します。

  • 1 1 玄関では簡単な挨拶だけで済ませます。

    挨拶

    玄関では簡単な挨拶だけで済ませます。

  • 2 2 結納品を飾る

    結納品を飾る

    結納品は男性側が女性宅へ持って行き、
    男性側全員で飾り付けます。
    飾る場所は和室なら床の間の前、洋室ならテーブルの上。
    この時、女性側は別室で待機します。
    飾り終わったら、男性側の母親が女性側を呼びに行きます。

    結納の豆知識

    当日スムーズに飾り付けができるよう、男性側は事前に飾る練習をしておくとよいでしょう。

  • 3 3 両家が挨拶、着席する

    両家が挨拶、着席する

    先に男性側、次に女性側が入室し、全員揃ったら着席。
    入口から遠い上座に男性側、反対側に女性側が座ります。
    このとき、結納品に近い位置から父親、母親、本人の順に座ります。

    <座り方の一例>

    座り方の一例

  • 4 4 男性側の父親が簡単な口上を述べて女性側の父親へ目録を渡す

    男性側の父親が簡単な口上を述べて
    女性側の父親へ目録を渡す

    男性側父親
    「本日はお日柄もよろしく婚約の印として
    結納を持参いたしました。
    何とぞ幾久しくご受納くださいませ。」

  • 5 5 女性側が目録を確認後、受書を渡す

    女性側が目録を確認後、受書を渡す

    女性側の父親がお礼の口上を述べながら目録を受け取り、
    父、母、本人の順で女性側全員が目録の内容を確認します。

    女性側父親
    「本日は結構な結納をいただき厚くお礼申し上げます。
    幾久しくお受けいたします。」

    その後、あらかじめ用意した受書を女性側の父親が男性側の父親に渡します。

    女性側父親
    「受書でございます。どうぞお納めください。」

  • 6 5 女性側が目録を確認後、受書を渡す

    男性側の父親がお開きの挨拶をする

    男性側の父親はお礼を言い、父、母、本人の順で受書を確認します。

    男性側父親
    「確かにお受け取り致しました。」

    ※お返し結納をする場合は、ここで女性側の父親が「引き続き袴結納の儀式をさせていただきます」と口上を述べて儀式を始めます。

    男性側の父親が無事終わったことを宣言する口上を述べて、
    女性側はお礼を言い、一堂で挨拶をして無事お開きとなります。

    男性側父親
    「本日は誠にありがとうございました。
    幾久しくよろしくお願い申し上げます。」

  • 7 7桜湯や干菓子でおもてなし

    桜湯や干菓子でおもてなし

    結納が終わったら座布団をお出しし、桜湯や干菓子などでおもてなしをします。

    結納の豆知識

    ~桜湯や昆布湯でおもてなし~
    慶事の場合、お茶は「にごす」とか「ちゃちゃをいれる」という意味に繋がる事から、
    接待に用いるのを避け、桜湯や昆布湯、蓋付き湯呑み、茶托、銘々皿を用意します。
    お茶うけには紅白または鶴亀といったおめでたい干菓子などがよいでしょう。

    ~結納の間は座布団なしが正式~
    座布団の上に座るという事は、一段上から相手を見るという事になるため、
    結納の間は両家とも座布団を当てずに一番低い位置から結納を取り交わします。

  • 8

    祝宴・食事

    その後、両家で会食をしましょう。
    自宅で結納をした場合、料亭などに場所を移して行う事も多いですが、
    仕出し料理などを手配して、自宅でそのまま行う場合もあります。
    緊張もとけて和やかな雰囲気に。おいしい食事とお酒で両家の親睦を深めましょう。

結納 Q&A

知っておきたい結納のQ&Aをご紹介します!

結納品はいつまで飾っておけばよいでしょうか?
結納品は、結婚式当日まで床の間に飾っておき、親戚・友人また、結婚祝いに訪ねてきた人に披露しましょう。 自宅で行った場合はそのまま飾っておけば良いですが、ホテルや料亭で行った場合は一度箱に納めて自宅へ持ち帰り、飾り直す必要があります。 この時、飾り付けをした男性側が女性側をお手伝いして一緒に片付けると、両家の絆も深まるでしょう。
挙式が終わった後、結納品はどうしたらよいでしょうか?
せっかくの縁起物なので、結納セットの水引飾りを使った額飾りや羽子板飾りを作るのが人気です。 処分する場合は、神社でお焚き上げをしてもらいましょう。
結納の口上は全て暗記しなければいけないのでしょうか?
もちろん暗記できればより良いのですが、やはり儀式は緊張するものです。 口上を覚えるのが難しそうな場合、あらかじめ相手側に一言伝えておき、メモを見ながら進めても良いでしょう。

わからない事・ご不明な点がございましたら
お近くの各店舗にてお気軽にお問い合わせください。

店舗一覧を見る